居酒屋YATAIせからしや
せからしやへのお問い合わせ・ご予約は076-491-0699まで。
homeおしらせ店主のこだわりおすすめのお酒おすすめのお料理店舗のご案内お問い合わせ
せからしやオーナー清水トモキ 酒小僧ともちゃんの飲み?日記
補助金をなくしてしまったらもうちょいマトモになると思う
2012.05.06

ど~も、僕ですicon:1
 
早いものでお店を開店させて頂いてから早4年と7カ月が経過しましたicon:151
これも皆様のご支援とご指導のおかげだと思ってますicon:145
本当にありがとうございますicon:158

定番の言葉(笑)

そんなこんなで4年と7カ月間、街中で商売をしています。
開店はフェリオと同時期ですね。
街中で商売をするという頭がもともとなかったので、実際に開店してからは色々な苦難もあり、悩んだり、そんな毎日でした。
店舗も商店街内にあるので、商店街という新しいカテゴリーにも属しているわけで、これもまた大変でした。まぁ一応『組合』という社会的にも正規の団体になるもので。

2年目から組合の執行部にも属したこともあり、このことがあって中心市街地活性化という言葉と中心市街地活性化について勉強を始めました。

…が、勉強していけばしていくほどこの中心市街地活性化というものの根本とか、やってることとかも含めて何が何だか分からなくなる。

あまりにも無意味なことが多い。
あまりにも短絡的なことが多い。
あまりにも考え方が浅はかすぎる。
誰のためのものなのか分からないものが多すぎる。

そもそもちゃんと『活性化』を考えてやってるのか既に疑問。

こんなものに皆の血税が中心市街地活性化名目の補助金という形で使われてると思うとすごく腹ただしいけど、実際に使われてるのがどんな無意味なことであろうと、私たちの仕事上側に使われているのは事実なので正直申し訳なくなってくる。

中心市街地活性化計画の一つに、商店街を対象とした補助金事業というものがある。

そしてこの補助金事業というのは自治体が推奨してる事業案の概要(おおざっぱなもの)みたいなものと補助金(上限額表記)がセットになって付いてくる。(ほんとにこれが普通なの??)
まぁ個人的には、新聞屋さんが自分とこの変な新聞の営業・勧誘に来た時に付けてくる商品券みたいなものだとしか思えないのだけども。
結局オマケを見てか、なんとなくオッケーするんかな??
一応、選考というものがあるらしいが、行政のやることは定かではない。
で、結局最低限のお金は補助金で出して貰えたりするけど、それ以外のアナザーというのは結構な費用になるのは当然だけど、自分たちのお金を使わざるを得なくなる。
アナザーのお金が商売にとってかなり重要なことというのは商売人なら分かってるはずなんだけどな…。
そもそも自分たちの意思があったわけでもない、自分たちのペースで作ったものでもないものというのは愛情や気持ちが乏しいからか、中身(本質)がなかったり、身内にさえ関心を持たれなかったりと、まぁ当然といえば当然なことではあるんだけど、目に見えて如実に表れてたりするもんで。

そしてそれに関してはなぜか意外なところからのクレームや意見が僕のところに入ってきてたりする。

結局、最終的には、どれだけのお金を使ってどれだけの効果があったのかも分からない。

行政側も色んなものを推奨するそれが仕事なんは分かる。
使わなきゃ次年度予算つけてもらえないということもあるだろう。

ただ、『国民、県民、市民から集めた血税を使って、僕らも自分たちでなんとか稼いだお金から集めたお金を使って、いったい何を残せて、そしてこれから何を残していくのだろう』
と、そんな基本的なことが完全に欠落している。

最終的に無駄にお金が減っただけなんじゃないのかと。
血税&組合費が。
そんなことが全国で普通に行われているんだろうと思うと、確かにこの国にお金がないのも分かる。

しかも何故か自分が見てただけでも、ここ何年かで同じことが繰り返されている。
やはり『人様のお金』という認識のなさなのか、オイシイものだと思っているのか分からないけど、今後是正されるということもないように思える。
実に怖いことだ。

正直個人的には、だったらもう補助金なんてなくしてしまった方がいいんじゃないかと思っている。
結局、甘やかすとそれ相応になってしまうわけで。
商売の健全性を取り戻すためには一度ゼロベースで物事を考えるのも悪くないと思っている。
『人様のお金』に頼ってじゃないと生きていけないようならどっちにしろ先はないじゃないか。

今少しずつ地方分権が勧められているような流れの中で、もし地方に色んな権利が委譲されていくのならば当然、地公交付税のあり方も見直される。
交付金が入らないなら自治体財政上の無駄削減のために補助金事業や制度も廃止されていくだろう。
そうなってから対策を考えても遅い。

組合側としても、少しでも自分たちで賄えるくらいの独立性や、身の丈に合ったやり方を今一度考えてみる必要がある。
いや、考えるべきだ。
本当の底力や団結力というのは本当に窮地に立った時に発揮されるものである。

本当はみんな分かってるんでしょ??


From Master|コメント(0)



※必須
※ウェブ上には掲載されません



※ブログやサイトをお持ちの方は、ぜひご記入下さい。


Entries 最新エントリー
Categories カテゴリー
Archives 以前の記事
ランキング
人気メニューベスト5!
店舗情報
《お車でお越しの方へ》
高速道路富山ICを下車し、国道41号線を北に10分。総曲輪フェリオのある一番町交差点を左折し、一つ目の交差点を左折すると、左手に赤い提灯のお店が見えます。※最寄りの駐車場をご利用ください。
《市内電車でお越しの方へ》
電停西町駅で下車し、堤町通りを西へ。越前町交差点を左折すると左手に赤い提灯のお店が見えます。
酒小僧ともちゃんの飲み?日記
HOMEおしらせ店主のこだわりおすすめのお酒おすすめのお料理店舗のご案内お問い合わせ店主ブログサイトマップリンクプライバシーポリシー
Copyright © 2011 izakaya yatai SEKARASHIYA. All Rights Reserved.